社会福祉法人 育成福祉会のホームページへようこそ!

 

  • 育成福祉会は、昭和37年に沖縄精神薄弱児育成会として、親を中心に社会福祉関係者等の参加で沖縄における知的障害者対策推進のための活動体として設立されました。昭和63年9月1日に法人定款変更認可を受け、施設経営主体の法人として再スタートし、障害を持つ人々がひとりももれなく家庭に・学校に・施設に・職場に地域社会のあらゆる場に世の人々のあたたかい協力によって、仲間として育てられ、仲間として受入られ、社会の一員として明るい生活を保障されることを目的とした社会福祉法人です。

     現在は、沖縄県南風原町において障害者支援施設「沖縄中央育成園あおぞら荘」「よもぎ学園」障害児入所施設「沖縄中央育成園あさひ寮」多機能事業所「ワークプラザ南風」多機能事業所「沖縄中央育成園生活支援センター」共同生活援助事業所「美南風」相談支援事業所「りんく」沖縄県八重瀬町において障害者支援施設「あけもどろ学園」「てだこ学園」生活援助事業所「美八重」を運営し多くの方が利用しております。
    育成福祉会は、利用者ひとり・ひとりの生活を応援し、安心・安全な生活作りに努めています。

☆お知らせ【インフォメーション】

※台風25号による影響のため、「ワークプラザ南風」の電話回線が切断された状態にあり、復旧に1週間程度掛かります。(10月9日現在)


・アルミ・バッテリーのCMでお馴染みの三和金属株式会社様より
ワークプラザ南風に寄付金を頂きました。創立50周年の記念行事
から毎年多くの福祉事業所へ社会貢献活動として行っています。
社長以下役職員の皆様ありがとうございました。

(平成30年9月13日三和金属本社にて)


・2018年8月末日をもって、「ひびき」が事業休止となりました。これまでご利用いただいた皆様に感謝申し上げるとともに、環境が整い次第再開を目指したいと考えております!

・ワークプラザ南風とエコ輪が2018年4月より事業を統合し、ワークプラザ南風が定員60名から80名になりました。

・生活支援センターページに放課後等デイサービスに関するガイドライン評価を掲載しました。こちらから